床上手な人妻と出会って男も前戯上手になろう

床上手な人妻と出会って男も前戯上手になろう

男性の前戯のやり方をイマイチだと思っている女性は多いでしょう。
なぜ男性は前戯が下手なのかというと経験が未熟な人はAVを参考にしているため間違った知識を習得してしまっています。
しかし一般女性がAVと同じ事をされて喜ぶ事はないので

AVを参考にする事は今すぐやめて下さい。

ではある程度セックス経験があっても間違った前戯をしてしまうのは元カノが喜んだやり方を他の女性も喜ぶと勘違いしているからです。
確かに元カノとのセックスによって経験を積んだ事は事実です。
ですが個人によって

性感帯も異なれば好む前戯も変わってくるため元カノのやり方を固着する事はよくありません。

そのため毎回セックスでは目の前の女性がどんな前戯をすれば気持ちよくなってくれるのか相手の反応を見ながら前戯していく必要があります。
だからこそ事前にコミュニケーションをとり要望を伝え合う事も大事なのです。

前戯が極端に短い男性も残念ながら存在しています。
自分が早く挿入したいという焦る気持ちもありますが男性の中には前戯とは濡れたらOKと思っている人が多いのです。
しかもそんな男性に限って女性器に触れて湿っている状態を濡れていると勘違いしてしまいがちです。

女性器は粘膜なので口の中と同様に常に乾燥する事はなくある程度湿った状態です。
湿っているのと溢れるぐらい濡れているのとでは状態に雲泥の差があり前者は確実に前戯不足の状態だと言えます。

では前戯が下手な男性が上手になろうと思ったらどうすればいいのかというと床上手な人妻と出会って前戯のやり方を教えてもらう事です。
床上手な人妻と出会った時は自分の下手な前戯を披露するよりも主導権は相手に渡して女性が喜ぶやり方を教えてもらいましょう。

では人妻が出会った男性とセックスをする時にどんな前戯をするのかテクニックを紹介します。
まず前戯はキスから既に始まっています。
キスだけで快感をたっぷり与えて男性が触りたい、

触って欲しいと思うギリギリの状態までキスだけで引っ張ります。

そして視覚からも男性の興奮を促すため服や下着の脱ぎ方もなまめかしくてエッチです。
床上手は焦らし上手でもあるのですぐに性感帯に触るのではなく性感帯のまわりからゆっくりと触り焦らして誘うスタイルです。

性感帯を触る時には最初は弱くゆっくりと、そして快感が高まってくるとだんだん強く早くしていき愛撫にメリハリをつけます。
そして性感帯の開発を行えば行うほど気持ちよくなれる部分が増えるので前戯のバリエーションが豊富になりマンネリ化を防ぐ事が出来ます。

あと床上手な女性はリードする事も上手ですが男性のリードに応じる事も上手です。
男性の前戯に対して女性が全然反応しなければ男性もつまらないので前戯に手を抜きがちになってしまいます。
ですが気持ちよさそうに喘いでくれたらその反応をもっと見たいと男性も前戯に熱が入るからです。

人妻との出会いを探すならこちらのサイトがオススメです!→http://sj-climateclock.org/

人妻とダニエルの日記カテゴリの最新記事